キミエホワイトプラスの市販品との比較

キミエホワイトプラスと店頭販売している市販品との比較

キミエホワイトプラス薬局

 

キミエホワイトプラスは楽天やアマゾンは勿論、薬局やドラッグストアにも流通していないため、公式サイトからしか購入できない製品となっています。

 

そんなキミエホワイトプラスですが、市販されている製品や店頭で販売されている製品と比較したときに、特筆すべき違いはあるのでしょうか?

 

手軽な1回1錠

 

キミエホワイトプラス市販

 

薬というのは用法、用量を守って正しく服用しなければならないものですが、逆の言い方をするならば、正しく服用しやすいような用法、用量であってほしいですよね。

 

用法、用量を守るというのは案外難しいものです。

 

 

風邪を引いてお医者さんに一週間分の処方をしてもらったけれど、うっかり服用を忘れてしまって一週間で飲み切れなかった、なんて経験をされたことのある方、結構いらっしゃるのではないかと思います。

 

風邪薬でしたら長くても2週間程で済みますが、しみ、そばかす対策の薬ともなれば長い期間飲み続けることになります。

 

キミエホワイトプラスはそういった面にも配慮し、用量の面において他の製品に比べて服用しやすい製品となっています。

 

キミエホワイトプラス市販

 

キミエホワイトプラスは1日3回(朝、昼、晩)1回1錠の服用と定められています。他の市販品、店頭販売品では、大抵1回の服用量は2錠、ないし3錠です。

 

1回の服用量が多い代わりに朝と夕方の2回のみの服用であったりするのですが、それでも1日の服用の合計は4錠以上になります。

 

それにたいしてキミエホワイトプラスは1日わずか3錠ということで、とても服用が楽なのです。

 

 

1回1錠は負担が少ない上、間違える心配がないという利点がありますよね。もっとも、この利点はキミエホワイトプラスに特有のものです。

 

実は旧来品のキミエホワイトは1回2錠服用しなければなりませんでした。キミエホワイトプラスで改善されたのは成分や効果だけではなかったのですね。

 

飲みやすさを考えたフィルムコーティング

 

キミエホワイトプラス市販

 

旧来品のキミエホワイトには砂糖で薬の成分をコーティングするという糖衣錠形式が採用されていました。しかしキミエホワイトプラスでは砂糖を使わないフィルムコーティング形式へと変更されています。

 

これにはノンシュガーにするという目的もありましたが、それ以上に成分を凝縮させるという目的がありました。

 

 

成分を凝縮させたことで、既に述べたように、キミエホワイトでは1回につき2錠服用しなければ摂取できなかった成分量を、キミエホワイトプラスでは半分の1錠で摂取できるようになったのです。

 

薬の効果はアップしているのに薬自体は飲みやすくなっているというのは服用する側にとってはまさにいいことずくめですね。

 

キミエホワイトプラス市販

 

キミエホワイトプラスに近い成分配合がされた製品は巷にもないわけではないのですが、これだけ成分が凝縮されていて、服用回数が少なく済む製品はありません。

 

キミエホワイトプラスは、薬の服用があまり得意でない方でも負担なくつづけられるという点で、長く服用するということに配慮された良い製品だといえますね。

 

 

ご興味のある方は、一度キミエホワイトプラスの公式通販サイトを覗かれてみてはいかがでしょうか?

 

店頭販売している市販品とは一味も二味も違う、その効果効能を確認されてみてくださいね。

 

>>キミエホワイトプラスの公式通販はこちら

関連ページ

キミエホワイトプラスの効果について
キミエホワイトプラスは、一般の販売店で売っている市販品とどこが違う?店頭販売していない、通販限定のキミエホワイトプラスの特徴や効果に迫ります。