キミエホワイトプラスの効果

キミエホワイトプラスがしみ、そばかす両方に効く理由

キミエホワイトプラス効果

 

キミエホワイトプラスは「しみ、そばかすに飲んで効く」というキャッチコピーのもと販売されています。ところで、一見同じような症状として現れるしみとそばかすですが、その性質には根本的な違いがあります。

 

キミエホワイトプラスはなぜ2つの症状に効果があるのか、しみとそばかすの性質を比較しながら見ていきましょう。

 

しみは後天性、そばかすは遺伝性

 

キミエホワイトプラス効果

 

しみは紫外線によるダメージの蓄積と、不規則な生活、加齢によるお肌のターンオーバーの遅れ等が重なって引き起こされる、後天性のものです。

 

一方のそばかすは、後天性のしみとは対照的に、その多くが遺伝によって引き起こされます。

 

 

実際に、しみはある程度の年齢に達してから出てくるイメージですが、そばかすは幼い子供にも見られますよね。そばかすはしみより小さく、鼻の周りから頬にかけて出ることが多いです。

 

また顔以外の腕や背中といった部位にも現れます。

 

しみもそばかすもメラニンの影響が大

 

キミエホワイトプラス効果

 

しみとそばかすには後天性と遺伝性という根本的な違いがありますが、いずれもメラニンの影響を受けるという点においては同じです。

 

実は遺伝性のものといわれるそばかすは、紫外線を浴びると濃くなる性質があるのです。

 

 

しみは紫外線によってつくられたメラニン色素が体外に排出されず肌に残ったものです。すなわち、しみもそばかすも等しくメラニン対策によって改善できるものであり、キミエホワイトプラスが2つの症状に効くのは自然なことなのです。

 

しみとそばかすの改善には適切なビタミン摂取が大事

 

キミエホワイトプラス効果

 

ビタミンは健康な肌の維持に欠かせない栄養素といわれています。

 

種類によってメラニン色素の沈着の防止や肌の新陳代謝の促進、皮膚炎の改善等様々な効果があり、しみやそばかすの改善にも有効です。とはいえ、過剰摂取をするのは良くないといわれています。

 

 

ビタミンには、水性(水に溶ける物)と油性(油に溶ける物)の2種類があります。

 

水性のビタミンは、余分に摂取してもすぐに排泄されるので心配はほとんどありません。ところが油性のビタミンはすぐには排泄されません。

 

 

摂取後もしばらくは主に肝臓、脂肪組織の中で48時間程度貯蔵されます。ゆえに余分に摂取するとビタミン過剰症を引き起こす可能性があります。

 

 

ビタミン過剰症(ビタミン毒性)とは、肝臓などで貯蔵しきれなくなったビタミンがビタミンを必要としない他の器官にまで流れてしまうことが原因で引き起こされるものです。したがって油性のビタミンについては、サプリメント等で補給する際は注意する必要があるとされています。

 

キミエホワイトプラス効果

 

 

ところでキミエホワイトプラスにもビタミンが配合されています。ビタミンB5(パントテン酸カルシウム)とビタミンC(アスコルビン酸)です。

 

ですがビタミンB群もビタミンCも水性のビタミンですので、ビタミン過剰症になる心配はほとんどありません。

 

まとめ

 

キミエホワイトプラス効果

 

過剰摂取の心配がないビタミンが配合されたキミエホワイトプラスを服用すれば、安心してしみ、そばかすを改善できるでしょう。

 

しみやそばかすでお悩みの方は、一度キミエホワイトプラスをお試しになられてみてはいかがでしょうか?お悩み解消のきっかけとなってくれるかもしれません。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

 

関連ページ

店頭販売している市販品との比較
キミエホワイトプラスは、一般の販売店で売っている市販品とどこが違う?店頭販売していない、通販限定のキミエホワイトプラスの特徴や効果に迫ります。