キミエホワイトプラスの副作用

ミエホワイトプラスの副作用の有無と妊娠中の服用の可否について

医薬品等を購入する際に必ず確認しておきたい事項として、通常の健康状態における副作用の有無、さらには妊娠中の服用の可否がありますね。

 

キミエホワイトプラスは、副作用のリスクの少なさにおいて最高ランクの第3類医薬品として国から承認された製品ですから、ひとまずは安心と言ってよいでしょう。

 

キミエホワイトプラス副作用
>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

 

 

しかしながら、それだけでは情報としては少なすぎて不安に思われる方も多いでしょう。

 

ここでは、もう少し掘り下げて、キミエホワイトプラスを服用するにあたり特に憂慮すべき副作用があるかどうか、さらには第3類医薬品認定を受けているとはいえ、キミエホワイトプラスを妊娠中に服用してもよいのかどうかについても見てみましょう。

 

キミエホワイトプラスに副作用はあるの?

 

キミエホワイトプラス副作用

 

キミエホワイトプラスの公式通販サイトページの「よくあるご質問」の中に、副作用についての回答があります。それによれば、現在販売されているお薬で副作用の全くないものはないとのことです。

 

確かにそうですね。きちんと国に認可された医薬品であっても、体質に合わないケースは多々ありますよね。

 

 

さらに、副作用の症状は添付文章の使用上の注意に書かれていますが、そこに記載されている副作用は、その症状が出る可能性が非常に高いからという理由で記載されているのではないそうです。

 

万一症状が出てしまった場合を想定し、さらなる重篤な症状へ移行しないように防止するための対応方法を書いているとのことです。

 

つまり滅多に起こらないような深刻な事態が起こったとしても正しい対応ができるように配慮されているのですね。

 

キミエホワイトプラス副作用

 

最も小さな副作用であり、副作用に見舞われる方の大半の症状である湿疹については、別途詳しい説明があります。

 

湿疹が現れた場合には、服用を中止して湿疹が引くのを待つようにとのことです。それでも湿疹が引かない場合は、キミエホワイトプラスが体質に合わなかった可能性を鑑み、医師や薬剤師、又は登録販売者へ相談していただきたいとあります。

 

 

取りあえずは、湿疹ができてしまっても慌てたりせず、落ち着いて治まるのを待てば大丈夫のようですね。

 

キミエホワイトプラスを妊娠中に服用しても大丈夫?

 

キミエホワイトプラス副作用

 

キミエホワイトプラスに含まれる成分は妊娠中に服用しても問題のないものです。しかしながら、キミエホワイトプラスを妊娠中に服用することはおすすめではありません。

 

なぜなら、公式通販サイトページの「よくあるご質問」に記載されていることですが、キミエホワイトプラスは肝斑(かんぱん)には効果がないからです。

 

 

肝斑とは、紫外線によってではなく、ホルモンバランスの乱れが原因でできるしみの一種です。妊娠中は特にホルモンバランスが乱れるため肝斑ができやすくなります。

 

したがって妊娠中にしみ対策をしたいのであれば、ホルモンバランスを整えるような成分が配合された医薬品を服用する方が望ましいと考えられるのです。

 

キミエホワイトプラスの副作用、妊娠中の服用についてのまとめ

 

キミエホワイトプラス副作用

 

キミエホワイトプラスは基本的には大きな副作用が起こる心配がなく、妊娠中に服用したとしても問題のない医薬品です。

 

それでもアレルギー等をお持ちの方や不安な方は、株式会社富山常備薬グループのキミエホワイトプラス公式通販サイトにある商品情報欄に記載されているキミエホワイトプラスの配合成分、分量を確認の上、購入を検討されることをおすすめします。

 

是非覗いてみてくださいね。

 

>>キミエホワイトプラスの公式通販はこちら

キミエホワイトプラスの成分と効果

キミエホワイトプラス副作用

 

キミエホワイトプラスは旧来品のキミエホワイトをバージョンアップさせた製品です。

 

では実際に成分や効果はどのように変化したのでしょうか?

 

L-システインの成分量の大幅アップ

 

キミエホワイトプラス効果

 

L-システインとは、しみの原因となる黒色メラニンの生成を抑制、排出する有効成分です。

 

しみのできるプロセスを辿りながら、L-システインの働きを具体的に見てみましょう。

 

 

紫外線を浴びるとまず皮膚の中で活性酸素が発生します。

 

発生した活性酸素はメラノサイト(メラニンを形成する細胞)を刺激します。するとメラノサイト内のチロシナーゼという酵素が活性化され、メラニンがつくられるのです。

 

 

L-システインにはこの一連の流れを初期の段階で断ち切る力があります。

 

というのもL-システインは抗酸化作用をもっており、発生した活性酸素がメラノサイトを刺激するのを防いでくれるのです。

 

もっとも通常の状態において、メラニンは、生成されてしまってもお肌のターンオーバーによって表皮細胞が剥がれ落ちるときに、共に体の外に排出されます。

 

キミエホワイトプラス効果

 

ところが、皮膚が紫外線を大量に浴びた結果過剰にメラニンを生成したり、加齢や不規則な生活の影響によりお肌のターンオーバーが正常に行われない場合、メラニン色素を含んだ表皮細胞が完全に体外に排出されず、体内に残ってしまうことがあります。

 

それがしみのもととなるのです。

 

L-システインのもう1つの効果とは・・・?

 

キミエホワイトプラス効果

 

L-システインには、メラニンの生成を初期段階でブロックする抗酸化作用に加え、肌の代謝にかかわる酵素を活性化する働きもあります。

 

旧来品のキミエホワイトには、このL-システインが160mg(1日の摂取量中)配合されていました。

 

キミエホワイトプラスには、その1.5倍にあたる240mg(1日の摂取量中)が配合されています。この量は、第3医薬品に認められている配合量の上限に当たります。

 

 

このL-システインの成分が多く配合されるようになった結果、キミエホワイトプラスは旧来品のキミエホワイトより優れた効果が期待できるようになりました。

 

すなわち、しみ、そばかすを緩和する医薬品から、しみ、そばかすに効く医薬品になったのです。

 

アスコルビン酸と新成分パントテン酸カルシウム

 

キミエホワイトプラス効果

 

アスコルビン酸(ビタミンC)はL-システインと力を合わせてメラニンの生成を抑えます。これは旧来品のキミエホワイトにも配合されていました。

 

 

一方のパントテン酸カルシウムは、キミエホワイトプラスから新たに配合された成分です。パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)は皮膚の新陳代謝を助け、健康な皮膚を維持します。

 

つまり、しみ対策の最後の仕上げをしてくれるのです。

 

 

この成分により、キミエホワイトプラスはしみ、そばかすだけでなく、にきび(最初に見た口コミによれば旧来品のキミエホワイトでも効果があったようですが)、湿疹、かぶれ等を含むあらゆる肌トラブルに対応できる製品となりました。

 

さらにパントテン酸カルシウムには糖分や脂質、たん白質などの代謝を助ける働きもあることから、肌の健康を超えて体の健康にかかわる疲労、倦怠感、さらには二日酔いにまで効果が期待できるようになったのです。

 

キミエホワイトプラスの成分と効果まとめ

 

キミエホワイトプラス効果

 

キミエホワイトプラスは肌トラブルだけでなく、体の疲れにまで効果のある医薬品です。

 

また、L−システインはお肌に是非取り込みたい成分ですが、食べ物からの摂取は難しいとされているため、キミエホワイトプラスを使って効率よく摂取できればいいですね。

 

ご興味のある方は、一度、キミエホワイトプラスをお試しになられてみてはいかがでしょうか?

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら

キミエホワイトの口コミ・評判からわかること

女性の永遠の悩みであるお肌のしみやそばかす、出来るのはあっという間なのに一度出来てしまうと治すのは難しいですよね。

 

キミエホワイトはそのような女性たちの助けとなるかもしれません。

 

キミエホワイトプラス口コミ

 

しみ、そばかす対策に有効な製品としてテレビのCMでも紹介されているキミエホワイトは、現在リニューアルされてキミエホワイトプラスとして販売されています(旧来品のキミエホワイトも購入することは可能です)。

 

 

ところが、まだリニューアルされてからさほど時間が経っていないため、口コミ・評判は旧来品のキミエホワイトにかんするものしか存在しません。

 

もっとも、リニューアルバージョンは旧来バージョンより効能がアップしているはずですから、旧来バージョンの口コミ・評判を参考にするのは効果を検討するのに有効な方法といえます。

 

そこで、旧来品のキミエホワイトを使用した方の口コミ・評判をひとつ見てみたいと思います。

 

キミエホワイト購入者の口コミ・評判

 

キミエホワイトプラス口コミ

 

母にすすめられました(15歳女性)

 

キミエホワイト最高にいいです。しみ、そばかすに効くだけでなく肌のトラブル全般に使えます!

 

私はもともとニキビやしみ、そばかすが出やすい自分の体質に悩んできました。

 

あるとき母にすすめられてキミエホワイトを飲んでみました。効果の出ないサプリにしか出会ってこなかった私は、キミエホワイトを試す前までは使ったところで何も変わらないだろうと思っていました。

 

それでも騙されたと思って飲んでみました。

 

 

するとこれまで自分を悩ませていたニキビに見事に効いたのです。ニキビに悩んでいたころは鏡を見るのが嫌でしたが、母にニキビ消えているよ!と言われて鏡を見てみたら本当に引いていました。

 

これからも飲み続けていきたいと思っています。

 

口コミから見るキミエホワイトの効果

 

キミエホワイトプラス口コミ

 

口コミ・評判を見る限り、キミエホワイトははっきりした効果が出るようですね。

 

特に驚くべきなのは口コミ・評判をされている方がまだ10代半ばの女性だということです(ちなみにキミエホワイトは15歳以上服用可能となっています)。

 

 

お母さまにすすめられたとありますが、母親がまだ成長期の娘にすすめようと思えるのは、キミエホワイトがそれだけ安心な製品だと認知されている証拠ですね。

 

そもそもキミエホワイトは、株式会社富山常備薬グループの代表取締役専務である鈴木健二氏が、シミが原因で元気をなくしてしまったご自身の母の君江さんのために開発した製品です。

 

息子が母親のためを思ってつくった製品というだけで安心感がありますね。

 

キミエホワイトプラス口コミ

 

化粧品でもよく自分の肌に合う化粧品をつくりたいと思ったという開発エピソードを耳にしますが、それを聞いただけで漠然と、それならきっと良い製品なのだろうと思って興味をもつことは多いですよね。自分や家族のためには、人は絶対に良いものをつくるはずと皆考えるからでしょう。

 

キミエホワイトはその安心感をきちんと形にして示しています。

 

第3類医薬品だからこその信頼性

 

キミエホワイトプラス口コミ

 

実はキミエホワイトは第3類医薬品として承認されたお薬なのです。

 

一般の人が医師の処方箋なしに薬局で購入できる一般用医薬品(OTC薬)は、安全面から3つのランクに分かれています。第3類医薬品は、その中でもっとも安全性の高い医薬品なのです。

 

 

このように、キミエホワイトは口コミ・評判からも、第3類医薬品としての承認を得たという実績からも安心な製品だといえます。リニューアルバージョンにはさらなる期待がもてますね。

 

>>キミエホワイトプラスの詳細はこちら